愛を俯瞰で語る。

変な話するよ。このブログ雑記なのでそのつもりで読んでねw

今、全てを愛するという感覚が何となくわかったような気がするのな。
ただ一般的に言われている愛の話じゃないのよ。
「全て」とは世界の事で過去も未来も含めて全てね。
全てって地球上だけの話ではないんだけども
話をイメージしやすいように今回地球の事ってことにしましょう。
地球をまるまる愛してますか?
因みに某国の総理大臣や大統領や委員長も地球の一部ですからね。
過去も未来も含めての話ですから某時代の総統閣下も例外じゃないですよw
そのような一般的に愛を持つ事にためらいを持ってしまうような人達含めて全てを愛するって感覚の話ね。

全てに愛を持っているからといって
イエスの言うように右の頬を打たれたら左の頬を必ずしも差し出す必要はないんですわ。(マタイによる福音書の真意には諸説ありますけど)
場合によっては殴り返しても良いんですよ。
最適解かは置いといてもそれが自分の生存戦略なら時にシバキ回すって事もあるでしょう。
そんな自分でも地球の一部ですからね。
そう、相手や自分が優秀であるから愛するって話ではないんですわ。
存在するから愛するんですよ。
それはそれとして目の前に虎がいたりシャブでラリってドス持ったヤクザがいたりしたら逃げるべきなんですわ。
これは生存戦略の話ねw

正直やって欲しくはないんですが
クソむかつく奴に後ろから蹴りを食らわせながら
その相手を愛するという事を両立する事もできるっちゃできるんですよw
クソむかつく行動をとっている相手はただ単に
そのクソむかつく様な行動をとっているだけの話ですし
自分もただ単にそれを見てクソむかついて蹴りを入れているだけの話であって
それは存在そのものを否定するという話でもないですやん。
そのようなバグのような行動を含めて
地球の一部として存在するって事ですやん。

歴史が好きな人ならわかると思うんだけども
現代人の感覚で言ったら戦国武将というだけで殺人集団のボスで
天下布武の為とはいえ現代でも恐れられるような所業を残した織田信長。
優秀でありながら最後の最後自分の君主を裏切り殺した明智光秀。
天下を取った後長期安寧へと持っていく事のできなかった豊臣秀吉。
みんなそれぞれ人でなしな訳なんですけど
彼らを好きって言う人いっぱいいるでしょ?
それは歴史を知らないって訳じゃなくって
歴史という視点で俯瞰して者を見る事ができるから
愛を持つ事ができるんです。
因みに戦国時代にタイムスリップしたら
どんな気持ちになるかはわからんですけどw

逆に現代人に対しても
史実の人物に対するように俯瞰して物を見るのなら
愛の視点に立つ事ができるでしょ?
でも何度も言うようだけども自分自身もプレイヤーなので
感情的に腹立ったり時に殴り合いの喧嘩したりってのも
心のままにって話でもありますけどね(´ω`*)

追伸

良い事言ってる空気感だけ漂わせて 全く何の役にもたっていない事しか書いていないというwww 実はこれ何日か前に書いて 最後はなんか気の利いた感じでまとめたいなぁとか思って 放置してたんだけども あぁ無理! ただの雑記も雑記として愛そう!って感じでUPしましたんよ(;´∀`)

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました